忍者ブログ
Yaleで、遊んで学ぶ日々。

Yaleで、遊んで学ぶ日々。

囲碁、ときどきプログラミング、ところにより経済。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本へ帰国した折に、台湾へ小旅行に行ってきた。同じく帰国中の台湾人の友人に案内してもらったのだ。そのことをある人に言ったら、「何ですか、そのセレブな感じは」と言われた。セレブっていうのは言葉の遣い方が違うんじゃないかと思うけど、確かに1年前からしてみたら夢みたいな話である。1年前の今頃といえば、まだ米国の大学から合格通知も来ておらず修士論文の発表もまだという段階で、渡米が叶ってそこで友人ができてその友人を訪ねて海外旅行する日が来るなんて想像すらしなかった。近頃つまんないなんて言ったら「あんた、恵まれてるよ」と1年前の自分のつつかれそうである。Neil Diamondは "Good times never seemed so good" と歌っていたし、『すいか』で浅丘ルミ子は「私達はまだまだラッキーよ」と生徒を諭した。でも、外から客観的に解釈された僕の世界と、僕が見て僕が感じた僕の世界のどっちが大事かなんて、正直分からないんじゃないかと思う。奥森かずいは「大切なのは、あなたが今苦しんでいるという事実です」と言っていた。そのあたりはとても便宜的で構わない部分で、そこの切り替えが上手いことが心穏やかに過ごしていくためのコツなのかもしれない。


台湾、というか時間がなくて台北とその近辺しか見ていないのだけど、いたるところ食べ物の匂いがする。屋台やオープンな感じの食堂、それから食材を売る店が多いからかな。印象としては、豚や牛をダシに使う料理が多いんじゃないだろうか。日本人の僕はやはり鰹や昆布のダシに慣れているから少し鼻につく。食べてみればまぁ大丈夫という場合が多いのだけど。ただ、小龍包は絶品である。


もう1つ食べ物で触れないといけないのは、臭豆腐というやつ。"Stinky Tofu" っていうからまぁ匂うんだろうなとは思っていたけど、改めて漢字で書くと恐ろしい字面である。「豆」以外の2文字は悪口だもの。臭豆腐を売る店の前を通りかかった時、母の実家を思い出した。僕の母の実家の辺りでは牛を飼っているのである。臭いにも色んな種類があるけど、今回はそういう臭いらしい。焼いたものと煮たものがあるらしいが今回は煮たものを頂いた。「匂いは悪いけど食べると美味しいから」と人は言うけど、匂いの分を補って余るほどの味がするかというと…。まだまだ舌が肥えていない模様である。そういえば、焼いたものの方が食べやすいらしい。そっちは今回は(HP不足のため)食べなかった。日本で京成関屋駅前のラーメン屋のご主人に聞いたところ、臭豆腐は発酵させているので納豆と同じ部類なのだそうだ。そう言われると、好きになる日が来ないとも言えない。ところで、くさやというのはどういう臭さなんだろう。CHIBI2009-01-05no224.jpg










台北の道路は原付だらけである。若い人は皆原付で移動するらしい。今回は運転する機会はなかったけど、後で調べてみたところ台湾は道路交通に関する条約 (Geneva Convention on Road Traffic, 1949) の当事国ではないので、通常の国際免許証では運転できないらしい。その代わり、日本の免許証と公式の中国語訳を携帯すれば1年間だけ運転できるようになっているらしい。通常の国際免許証には「原付」という車両区分がないので原付は運転できないが、この台湾との取り決めでは日本の「中型」や「普通」の免許での原付の運転が認められているのだそうだ。ところで、台湾が条約に参加していないのは政治的な問題なんだろうか。このレベルの実務的な条約でまで政治の影響が出るのだとしたら、外交というのは真に建前の世界なんだなと思う。CHIBI2009-01-05no175.jpgCHIBI2009-01-05no174.jpg
CHIBI2009-01-05no239.jpg











暴走族が皆マスクを付けているのは「俺は口なんか利いてやらないぜ」っていう突っ張ったポーズだと勝手に思っていたのだけど、あれは排気ガスを吸わないためにつけていたんだとはじめて知った。台湾の若い人たちは皆お洒落なマスクをつけている。服装や髪形については、聞いていた通り日本と随分似ている。男子学生の間ではオリエンタルラジオの慎吾君みたいな太めの縁付き眼鏡が人気なようだ。全体として日本の地方都市みたいな温かさがどことなく感じられる。言うなれば、「台湾っ子」または「台北っ子」って感じ。


CHIBI2009-01-04no163.jpg台北には、台北101という完成当時世界最高 (509.2m) だったタワーがある。今はドバイだかどこかのビルに高さでは抜かれてしまったらしいが、エレベータの上昇速度は今でもまだ世界一 (1,010m/min) を守っているのだそうだ。僕はこの話を聞いた時、いつか『未来創造堂』でやっていたエレベータ技術開発の話かなと思ったけど、後で調べたら実際そうだったらしい。このエレベータを作ったのは東芝エレベータで、クライアントが世界最速(きっと高さだけじゃすぐ抜かれることを予測していたのだろう)と同時に要求したのが全く揺れないということだった。エレベータの床に立てたコインが上昇中に倒れないくらい揺れないことを求めたらしい。そういうクオリティの部分で頑張れるあたり、日本らしいと思う(実際エレベータは早いけど揺れなかった)。台北101から眺める景色は今まで見た夜景のなかでもひときわ奇麗だった。台北は密集しているうえに一つ一つの建物が小さい。あと、やっぱり高さも大事なのかな。


中心部から地下鉄で少し離れると箱根みたいな温泉町がある。狭い範囲にそういう色んなものが詰まっているのは面白いところだと思う。混浴の露天浴場もあって皆水着で入っている。風呂というよりは温水プールみたいに見えた。今回は、水着もなかったし残念ながら遠目に眺めただけ。
CHIBI2009-01-05no199.jpg







台北の地下鉄のチケットはコインだった。ゲームセンターで使うようなおもちゃみたいなコインで、これを入場するときにsuicaのような機械にかざし、出口で回収される。穴を開ける必要がないからそのまま何回も使いまわせて環境に優しいのだろうか。携帯電話のマナーも少し違う。「喋る時は小声で」だそうだ。
CHIBI2009-01-04no165.jpgCHIBI2009-01-05no198.jpg











予想していたことではあるけど、台北には日本が溢れている。音楽も結構流れていて、中島美嘉をよく聴く。『流星の絆』を店前で流しているDVD屋もあった。セブンイレブンで買ったジャスミンティは実は日本のと同じ商品で(上から中国語のラベルが貼られているだけ)ガッカリした。でも、最も浸透しているのは平仮名の「の」かも。これは、所有を表す「的」の代わりに用いられている。確かにこっちのほうが断然早いからね。ノートを取る時とかにも便利らしい。


夜市が楽しい。お祭りの屋台のような雰囲気で、しかも特別な日だけでなく毎日やっているらしい。かたやモダンなデパートやコンビニエンスストアが進出している一方で、何でこんな小さなお店がちゃんと生き残っているんだろう。日本の地方都市ではシャッターが下りているというのに。差別化戦略が上手くいっているか財政の補助があるのか、理由は知らないけど(そのうち調べてみようと思う)エネルギッシュである。CHIBI2009-01-05no231.jpg
CHIBI2009-01-05no234.jpg995c2345.jpg







ちなみに臭豆腐を食べたのも夜市。よく萎えないよなぁ。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
台北は卒業旅行で行ったけど
臭豆腐は挑戦してみたけど、味を確かめる余裕も無いほど臭いを受け付けられなかったなぁ。

台湾は国際的には正式な国家として承認されていないことを利用して、捕鯨して日本などに輸出しているということを聞いたことがある。

客観的にどう見えるかは確かにどうでもいいよね。皆の生きているひとつの世界があるというのは幻想で、今ここにいる私から開闢された世界があるだけだねー
玄鵬 URL 2009/01/12(Mon)14:28:52 編集
>>玄鳳
少なくとも僕は食べたぜ! 確かに味わうより先に匂いが口や鼻全体に広がるよねぇ。

その捕鯨の話は知らなかったわ。そういうこともあるのか。深い。


僕は人の主観は根本的だと思うんだけど、同時に移ろいやすい不安定なものでもあると思うんだよね。客観視というのはだから良い方向に作用することもありえると思うんだよ。例えばカウンセリングというのはそれをやるわけでしょ。
KM URL 2009/01/12(Mon)17:46:49 編集
主観のままに
本当は欲望を発露させるように、常時流動的に生きればいいと思うよ。
社会的にはそういうわけにもいかないから、客観的な視点でもって生きるわけだけれど。不安定であることが苦しいと感じるのは、主観だと思っているところに外部から抑制的に押し付けられた観念が滑り込んでいるからだろう。
玄鵬 URL 2009/01/13(Tue)08:57:31 編集
無題
マインドアサシンww
そう、切り替えが上手いのが一番いいと思います。しいていえばタフってそういうことなのかな。

そういう意味では、「ラッキーよ」も、「今あなたが…」も、片方に振り子が寄ってしまってる状態を、いったんもどす作業な気もしますね。
ちょっと関係ないけど、ほりえもんの日記が面白いですよ。

六本木で働いていた元社長のアメブロ
http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10187873982.html


くさやはちゃんとしたの食べたことあるんですけど、お父さんが5日ぐらい履きたおしたくつしたのしめったところ、みたいなにおいがしました。
随分前のことなんで、今なら美味しく食べられると思います。ちゃんとした干物って美味いんですよ。

大都会ですね。
ゆけこ 2009/01/17(Sat)17:47:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search in This Blog
Latest Comments
[03/30 川内のばば山田]
[03/30 川内のばば山田]
[08/06 Aterarie]
[07/05 Agazoger]
[07/01 Thomaskina]
Oldest Posts
Latest Trackbacks
フリーエリア

Barcode
Access Analysis
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © Yaleで、遊んで学ぶ日々。 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]