忍者ブログ
Yaleで、遊んで学ぶ日々。

Yaleで、遊んで学ぶ日々。

囲碁、ときどきプログラミング、ところにより経済。
[242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウチの寮の3階に住むBrendon君は、物理専攻・天然パーマ・囲碁好きというなかなかハイスペックな男で、友達になりたい人ランキング上位にランクインしているのだ。お互い時間ができたらゆっくり囲碁でも打ちたいと思っている。

先日、親不知を抜いた話をしたときのこと、「痛み止め飲んでたら気持ちよくなって勉強が捗った」と言ったら、残りを売り捌けないか、なんて話になった(違法だよ)。

New Havenには治安の悪いエリアが結構あるので、○○通りならどうだろうか、あっはっは。と、普通の人ならこれくらいで笑って話はおしまいだろう。よしんばもう少し話が膨らんだとしても、あくまで冗談の範囲だろう。

ところが、このBrendon君、やたらとマジなのである。それがビジネスにならないか考え出した。僕だって、馬鹿みたいなことを真面目な顔で口にすることはあるが、それはウケ狙いだ。彼の場合、そういうことじゃないみたいなのだ。一言で言うと、要するに、真剣なのである。

「レストランはどうだろうか」
「バーテンダーを介するのは」
「バーの客が覆面警察官かもしれない」
「仕入れはどうすればいい」
「公衆衛生学科の君ならいくらか持ち出せるんじゃないか」
「LAに看護師の友達がいる」
「その看護師は内部メンバーにすべきか、外部協力者にとどめるべきか」

まるで、この空想(だと僕は信じている)の議論の先に、何かの真理が潜んでいるみたいな雰囲気だ。

ああ、これが科学者の習性か。誰もが素通りするようなことでも、真剣に考えるのだ。99.9%は何の意味もない議論に終わるけど、それをしないことには残りの0.1%の宝石は見つからない。

どうにも頭の硬い僕は、「考えてみる価値のある限界点」がまだまだ高い。入ってくる情報の大半は、自動的にこのフィルタにかけられて認識すらされない。本当の研究者を目指すなら、このフィルタの目を粗くしなくてはね。言うは易し。





ところで、Brendon君は普通の冗談もちゃんと言う(というか割とひょうきんな人物だ)。
僕「痛み止めを飲みすぎて依存症にならないように気をつけないと。親が悲しむ」
B 「依存症になったら、お前が顧客第1号だ。歓迎するぜ」

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search in This Blog
Latest Comments
[03/30 川内のばば山田]
[03/30 川内のばば山田]
[08/06 Aterarie]
[07/05 Agazoger]
[07/01 Thomaskina]
Oldest Posts
Latest Trackbacks
フリーエリア

Barcode
Access Analysis
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © Yaleで、遊んで学ぶ日々。 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]