忍者ブログ
Yaleで、遊んで学ぶ日々。

Yaleで、遊んで学ぶ日々。

囲碁、ときどきプログラミング、ところにより経済。
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [44]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

mixiニュースでちらほらと韓国に負けただの原采配は消極的で駄目だなどと書かれていたので、今大会は駄目なのかと思っていたら、たまたまTVで準決勝米国戦があると知ってそれ以来チェックし始めたWorld Baseball Classic 2009.   決勝は対韓国戦ということで、アジア系の学生が大量に住んでいる寮へ出かけていって一緒に観戦した。この大一番を相手チームの国出身の友人たちと一緒に観るなんて得難い経験だ。

寮のラウンジの大型テレビの前に集まったのは、韓国15:日本2という超アウェイ。日本が先制したシーンで大袈裟に喜んでいたら渋い顔をされたので、これはさすがに失礼だったかと思って自粛していたら、あっちは栗原の併殺に本気で騒いでやがる。小笠原のチャンスに "OGASAWARA!" コールを送ったが残念ながら凡退。すかさず韓国人たちが "OGASAWARA!!!" コールを返してくれた。やってくれるぜ。自国を応援するのは当然。自粛なんてしていたら喰われてしまう。

それにしても残塁の多い試合だった。日本はヒットも出るし好機を何度も作るのに、あと一本がなかなか出ない。下位打線が奮起するとイチローが凡退する。イチローが当たるとクリーンナップが併殺に倒れる。一方で韓国はパワーヒッター揃いで常に恐ろしいフルスイングをしてくるものだから、先発の調子もヒット数も圧倒的に優位なのにも関わらず終始冷や冷やだった。嫌な予感がついに的中したのは9回裏二死の場面。あと一人のところで韓国にタイムリーが出て同点延長へ。ついに例の「テーハミング!!」コールが始まってしまい、この時はもうこのまま持っていかれるかと思った。こんな試合展開でも日本チームの選手が気持ちを切らさなかったことに感動した。そういうところが本当に世界のトッププレイヤーなんだな。アスリートはやっぱりハートか。

どうも攻めがちぐはぐな中で8回まで投げ切った先発岩隈(個人的には7回で交代でよかった気もするけど)とコンスタントに好プレイを続けた内川と片岡に痺れた。ずっと不調だったのに最後の最後に全部持っていったイチローはやっぱり千両役者。やっぱり何かを持っているんだね。

試合後は、最後まで見ていた全員と握手して(たぶん)好意的に別れた。韓国人の一人が親切にも車で家まで送ってくれた。
The best game can never be made by one team!!!
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search in This Blog
Latest Comments
[03/30 川内のばば山田]
[03/30 川内のばば山田]
[08/06 Aterarie]
[07/05 Agazoger]
[07/01 Thomaskina]
Oldest Posts
Latest Trackbacks
フリーエリア

Barcode
Access Analysis
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © Yaleで、遊んで学ぶ日々。 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]